公用車の燃料電池自動車 ホンダ「クラリティー」に同乗

本日は、諸井委員長に便乗して公用車の燃料電池自動車 ホンダ「クラリティー」に同乗させていただきました。

この車は水素と酸素を化学反応ささせて電気を作り、その電気によってモーターを駆動させるというものだそうです。

基本的には電気自動車なんですね。

走行中はほとんど無音でとにかく静かです。それとは対照的に加速感は強烈でした。

ちなみに車両価格が約700万円、国と県の補助金が約200万円ほど出るそうです。

水素ステーションが近くに有ればね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です