子供にツケをまわさない

哲覚 No.8が発行されました

最小・最強の県庁を目指して 厳しい財政状況の中で、必要な施策に予算や人を重点的に投与し、政策課題に対応できるよう、委員会の審査や活動に全力投球で取り組みます! 『哲覚No.8』のPDFファイル(5.21MB)

哲覚 No.7が発行されました

シリーズ てつ!の対談 熊谷市の南西に位置する県営荒川大麻生公園「野鳥の森」。この森に関わり半世紀、自然林の再生に尽くした伊佐山悦治さん。森の恵み再生に命尽くして半世紀、今年84歳を迎える伊佐山さんと小林てつやの対談が実現しました。 『哲覚 …

哲覚 No.6が発行されました

「彩の国みどりの基金」創設 埼玉県では2月定例議会において「彩の国みどりの基金」が創設されました。 これは県民の皆さんに増税の負担を最小限に抑えたものです。 この日本初の取り組みの成功に心より期待をしています。 『哲覚No.6』のPDFファ …

小林てつや県議の本ができました

埼玉新聞社発行 犯罪のない安全なまちをつくろう 国初、議員提案による「防犯条例」が埼玉で制定されました。 脅かされつつある県民の安心・安全を取り戻すために、そして、自民党の改革、県議会の改革をめざして。 埼玉県議会の政策新人類たち15人の熱 …

小林てつや県議の活躍が読売新聞に掲載されました

2007年1月23日掲載 「スポーツ振興のまちづくり条例」が成立 「スポーツ振興」を規定した全国初の県条例として注目され、議員提案の「政策条例」としても意義があった、と評しています。 掲載読売新聞PDFファイル(6.69MB)