子供にツケをまわさない

哲覚 No.13が発行されました

今こそ人と地域を守る県政を! 東日本大震災で被災された皆様にお見舞い申し上げます。そして、お亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また、職務遂行において被災された、消防団員、警察官を始めとする公に尽くされた方々に心より感 …

哲覚 No.11が発行されました

親と子どもが望む社会実現のために 年間で約60人。これは虐待で命を落とす子どもの数です。人権侵害やストレスから虐待に走るリスクが高い子育て初期の親たちに、地域でサポートできないかと、ひとりのママ・大崎佐智恵さんの呼びかけで児童虐待防止「オレ …

哲覚 No.10が発行されました

予算委員会で上田知事に訊く 子ども手当を取り巻く財政状況は極めて厳しい状況です。平成22年度の政府予算案(一般会計)では国民一人に対し約499万円の借金があり、埼玉県の台所事情でも一人約48万円の借金があります。恒久政策だか、恒久財源の保証 …

哲覚 No.8が発行されました

最小・最強の県庁を目指して 厳しい財政状況の中で、必要な施策に予算や人を重点的に投与し、政策課題に対応できるよう、委員会の審査や活動に全力投球で取り組みます! 『哲覚No.8』のPDFファイル(5.21MB)