子供にツケをまわさない

本日は「拉致問題を考える埼玉県民の集い」に出席させていただきました。

近頃の北朝鮮の蛮行を見ていると拉致問題解決とは反対の方向に振り子が振れています。残念ですね。

3枚目の写真の5:12:883という数字は特定失踪者900人中、未だ特定失踪者で拉致疑惑に有るという状態の方が883人、拉致被害者と認められた方が12人、そして帰国者が5人という数字です。

拉致被害の発生から約40年が経過しています。拉致被害者並びにご家族の皆さんの高齢化も進んでいます。領土問題とは違い時間の経過が危惧されます。

一刻も早い解決を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です