子供にツケをまわさない

熊谷市建設業協会の総会の後の懇親会に出席させていただきました。

某政党のコンクリートから人への政策で、一時公共事業費が3分の1まで圧縮されていましたが、どうにかピーク時の60パーセント近辺まで回復して来ました。しかし、この間人材の育成がままならず、仕事を受注したくても人材不足で厳しい状況になっています。先を見越せぬ急激な変化は大きなツケとなって跳ね返っています。

当会所属の企業は地元の中小企業であり、その育成は地域経済にとって待った無しの状況であることを考え、しっかり取り組んで行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です